NEWS・更新情報(2008年)

こちらでは Living Music に関する様々な話題・更新情報を掲載してまいります。

2008.11

11/26  「店主」ブログ、アップしました。

店主の広瀬です。最近、ブログをはじめました。
オーディオに関すること、興味のあることなどよしなし事を書いております。ご興味のある方は是非、こちらをお読みいただければ、幸いです。
<店主のブログ>はこちらへ
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=20349985

区切り線

11/4  「オーディオ・セッションin OSAKA 2008 」に出展します!

来る8日(土)、9日(日)に大阪のハートンホテルで開催される「オーディオ・セッションin OSAKA 2008」に出展します。当店のブースは、ハートンホテル南船場会場2Fの「サイプレス2」の間です。

今回は、MuseHeart ブランドのスピーカーシステム「S-2C-GSX」をはじめ、真空管アンプ「VA-M1」とCEC のCDプレーヤー「TL-51XR」をミューズハート・チューニングした「TL-51XR-MHT」のシステムで、素晴らしい音楽空間をお聴かせいたします。関西地区の方、是非この機会にお立ち寄りください。
  心より、お待ち申し上げます。詳しくは、下記URLをご参照ください。
http://www.audio-nasa.org/session/index.html

区切り線

2008.9

9/9  9月12日(金)~15日(月)まで、臨時休業のお知らせ!

既報のとおり、L.A.在住のテナー・サックス奏者のBob Sheppardさん宅にMuseheartのS-2C-GSXを中心にした、CEC AMP-6300-MHT、TL-51X-MHT、DA-53-MHTからなるaudio system一式を納品およびセッティング作業のため、9月12日~15日まで、臨時休業させていただきます。お客様各位にはご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご容赦のほどお願いいたします。帰国後には、詳しいレポートもご報告する予定ですので、楽しみにお待ちください。店主・啓白


Bobさんに納入するシステム一式です。ケーブル類はもちろん全てオーディオFSK製品です。

区切り線

2008.6

6/19  「MuseHeartは『バーチャ・リアル』宣言をします!

詳しくはこちらをご覧下さい。

区切り線

6/19  MuseHeartの正式ロゴマークが誕生しました!

このロゴマークは、代表の広瀬勝治自らが、考え、デザインしたもので、まさにMuseHeart がめざす「廉価ながら音楽の感動を伝えるオーディオ商品作り」の志を表現したものです。今後のMuseHeart製品(-MHTも含む)には全て、下のロゴマークのプレートを付けてまいりますので、よろしくお願いいたします。


ロゴマークのプレート

区切り線

6/14  お買得商品のページを更新しました。

お買い得商品が勢揃い!今回は大幅な展示品入れ換えのため、思い切った太っ腹価格でのご提供です。この機会に是非、皆様のシステムのグレードアップにお役立てください。
詳しくはこちらをご覧下さい。

区切り線

2008.5

5/20  美音技研 真空管アンプ試聴会を毎月第4土曜日に定例化いたします。

ご好評につき、美音技研 真空管アンプ試聴会を毎月第4土曜日に定例化いたします。同時にMUSEHEARTスピーカーシステムの最高峰モデル『S-2C-GSX』の試聴も出来ます。超絶の音楽空間をお楽しみ下さい。

・毎月第4土曜日
・第1回目 13:30~15:00
・第2回目 16:00~17:30  
・場所: リビングミュージック試聴ルーム
・入場無料です。
・参加ご希望の方はメールまたは電話、FAXにてご予約ください。
  定員になり次第、締め切らせていただきます。

・TEL:03-6383-0215
・FAX:03-6383-0216
・E-mail:contact@forte-piano.com
・美音技研URL: http://www.byon.co.jp/

<試聴機>
Alio (Model CP-1) ステレオ・ラインプリアンプ
Canto (Model CM-1) ステレオ・パワーアンプ
Vigro (Model CM-2) モノラル・パワーアンプ

<特徴>
古のマッキントッシュMC-225に採用された出力管7591を使用したパワーアンプです。5極管を3極管として使用し、出力を欲張らず、音楽再現性を重視した設計です。
リビングでオーディオを楽しんで頂きたい。そして、アンプには真空管アンプを使って頂きたい。そんな願いを込めて開発したシリーズです。
現代のハイファイスピーカーを如何に鳴らすか、ぜひお聴きください。

<他の使用機材>
ウィーンアコースティックス T-3G
MUSEHEART S−2C−GSX(新製品)
MUSEHEART BRU357RW(アナログプレーヤー)
CEC TL0X
CEC DA53 他

<プログラム>
第1部 JAZZ
横浜杉田劇場のホールを使用した、シンプルで自然な録音による演奏をお届けします。その他女性ボーカル曲をご用意します。
第2部 クラッシック
ドボルザーク「新世界」をメインに聴いて頂きます。その他古楽器による演奏もお届けします。
※ご来場者様の愛聴盤での 試聴 も可能ですので、当日是非お申し出下さい。

区切り線

2008.4

4/28  <ゴールデンウィーク期間中>の営業日についてのお知らせ

Living Music では、1月8日にリニューアル・オープンしてから、ようやく3ヶ月半を経過し、展示機種も徐徐に増え、陣容が整い、より素晴らしい音質で音楽を楽しめる環境が整いました。これも、ひとえに皆様の温かいご支援の賜と感謝申し上げます。つきましては、当店はゴールデン・ウィーク期間中、下記のとおり、通しての営業と致しますので、この機会に是非、ご来店いただきたいと思います。なを、ご来店の節は、前もって、ご予約されますことをおすすめいたします。先客がいらっしゃいますとお待ちいただかなければなりませんので。お一人様に付き、1時間をお取りして応接いたします。また、ご来店の節は是非、日頃ご愛聴のソフトをお持ちください。その方が、確実にご確認いただけると思います。

4/27 28 29 30 5/1 2 3
通し営業を致します
4 5 6 7 8 9 10
通し営業を致します
11 12 13 14 15 16 17
定休日 通常通り営業します

区切り線

4/28  美音技研 真空管アンプ試聴会 第2弾のご案内

ご好評につき、美音技研 真空管アンプ試聴会第2弾を5月3日(土)に開催します。同時にMUSEHEARTスピーカーシステムの最高峰・新製品『S-2C-GSX』の試聴も出来ます。超絶の音楽空間をお楽しみ下さい。

・日時:5月3日(土)
・第1回目 13:30~15:00
・第2回目 16:00~17:30  
・場所: リビングミュージック試聴ルーム
・入場無料です。
・参加ご希望の方はメールまたは電話、FAXにてご予約ください。
  定員になり次第、締め切らせていただきます。

・TEL:03-6383-0215
・FAX:03-6383-0216
・E-mail:contact@forte-piano.com
・美音技研URL: http://www.byon.co.jp/

<試聴機>
Alio (Model CP-1) ステレオ・ラインプリアンプ
Canto (Model CM-1) ステレオ・パワーアンプ
Vigro (Model CM-2) モノラル・パワーアンプ

<特徴>
古のマッキントッシュMC-225に採用された出力管7591を使用したパワーアンプです。5極管を3極管として使用し、出力を欲張らず、音楽再現性を重視した設計です。
リビングでオーディオを楽しんで頂きたい。そして、アンプには真空管アンプを使って頂きたい。そんな願いを込めて開発したシリーズです。
現代のハイファイスピーカーを如何に鳴らすか、ぜひお聴きください。

<他の使用機材>
ウィーンアコースティックス T-3G
MUSEHEART S−2C−GSX(新製品)
MUSEHEART BRU357RW(アナログプレーヤー)
CEC TL0X
CEC DA53 他

<プログラム>
第1部 JAZZ
横浜杉田劇場のホールを使用した、シンプルで自然な録音による演奏をお届けします。その他女性ボーカル曲をご用意します。
第2部 クラッシック
ドボルザーク「新世界」をメインに聴いて頂きます。その他古楽器による演奏もお届けします。
※ご来場者様の愛聴盤での 試聴 も可能ですので、当日是非お申し出下さい。

区切り線

4/3  美音技研 真空管アンプ試聴会のご案内

「美音技研」さんは、音楽を愛する皆様へ「真に音楽を楽しめるオーディオアンプ」、「末永く安心してご愛用頂けるオーディオアンプ」をお届けするために、真空管を用いて、基本技術と創造性を大切にして製品づくりに取り組んでいるメーカーさんです。
今回は、その美音技研さんの「リビングモデル」の試聴会を開催いたします。

・日時:4月19日(土)
・第1回目 13:30~15:00
・第2回目 16:00~17:30  
・場所: リビングミュージック試聴ルーム
・入場無料です。
・参加ご希望の方はメールまたは電話、FAXにてご予約ください。
 定員になり次第、締め切らせていただきます。

・TEL:03-6383-0215
・FAX:03-6383-0216
・E-mail:contact@forte-piano.com
・美音技研URL: http://www.byon.co.jp/

<試聴機>
Alio (Model CP-1) ステレオ・ラインプリアンプ
Canto (Model CM-1) ステレオ・パワーアンプ
Vigro (Model CM-2) モノラル・パワーアンプ

<特徴>
古のマッキントッシュMC-225に採用された出力管7591を使用したパワーアンプです。5極管を3極管として使用し、出力を欲張らず、音楽再現性を重視した設計です。
リビングでオーディオを楽しんで頂きたい。そして、アンプには真空管アンプを使って頂きたい。そんな願いを込めて開発したシリーズです。
現代のハイファイスピーカーを如何に鳴らすか、ぜひお聴きください。

<他の使用機材>
ウィーンアコースティックス T-3G
MUSEHEART S−2C−GS
MUSEHEART BRU357RW(アナログプレーヤー)
CEC TL0X
CEC DA53 他

<プログラム>
第1部 JAZZ
横浜杉田劇場のホールを使用した、シンプルで自然な録音による演奏をお届けします。その他女性ボーカル曲をご用意します。
第2部 クラッシック
ドボルザーク「新世界」をメインに聴いて頂きます。その他古楽器による演奏もお届けします。

区切り線

2008.3

3/25  「MUSEHEART」商品の売価改定のお知らせ

当店では、「ミューズハート」ブランドのスピーカーシステムおよびアナログターンテーブルを2年半余りに渡り、出来る限り若い人たちにもご購入いただけるように、売価を安く抑えて来ました。しかしながら、昨今の原材料費の高騰には抗し難く、止むなく2008年4月1日より、値上げさていただくことになりました。何卒ご理解を賜りたく、伏してお願いたします。概要は以下の通りです。店主敬白

<スピーカーシステム>

モデル名 旧売価 新売価
S−1 ¥63,000 ¥67,000
S−1C ¥68,000 ¥72,000
S−2 ¥71,000 ¥75,000
S−2C ¥76,000 ¥80,000
S−2C−GSX(新製品) - ¥150,000

<アナログターンテーブル>

モデル名 旧売価 新売価
BRU357RW ¥46,000 ¥49,000

区切り線

2008.2

2/24  メロディ真空管アンプ&AERスピーカー試聴会を開催します!

メロディの真空管アンプを使用して、趣向を凝らした試聴会を行います。

・日時:3月15日(土)午後1時半~3時まで。
・入場無料です。
・参加ご希望の方はメールまたは電話、FAXにてご予約ください。
 定員になり次第、締め切らせていただきます。

・TEL:03-6383-0215
・FAX:03-6383-0216
・E-mail:contact@forte-piano.com

1)真空管のメーカー、年代別による比較試聴
・比較試聴機:メロディプリメインアンプ I2A3 ほか
・比較真空管:最もベーシックな直熱3極真空管 2A3
 (価格も手頃で、現在でも米国製など新品箱入りの入手が可能)
・使用スピーカー: AER Coherence MK2 ほか

同じ型名の真空管でもメーカーで音質、表現力が異なるのでは?
よく耳にすることですが、実際はどうなのだろうと言う疑問にお答えします。
アンプに使われているパワー管を差し替えて、音質や表現力の比較試聴をじっくりと行います。

2)同一ソースのLPレコードとCDソフトの比較試聴
・比較試聴LP/CD: “Jazz at the Pawnshop” ほか
・比較試聴機:メロディプリメインアンプ I2A3 ほか
・使用スピーカー: AER Coherence MK2 ほか

同一条件で録音し、商品化されているソフトの比較試聴です。保管や再生に手間はかかるものの、未だ多くの方が個性あふれるジャケットや自然な再生音を評価し、LPレコードを収集・保存されています。同一ソースのLPレコードとCDの比較試聴、さてLPレコードの実力は?

区切り線

2008.1

1/25  CEC新製品アンプ「AMP6300」の試聴会を開催します!

伝説のアンプ「AMP71」の後継機として、評価の高い「AMP6300」の試聴会を下記の要領にて開催いたします。是非この機会にAMP6300の素晴らしさをご体感ください。

AMP6300

・日時:3月1日(土)午後1時〜2時、3時〜4時、5時〜6時の3回。
・入場無料、予約による完全入れ替え制です。
・ご希望の回をメールまたは電話、FAXにてご予約ください。
 定員になり次第、締め切らせていただきます。

・TEL:03-6383-0215
・FAX:03-6383-0216
・E-mail:contact@forte-piano.com

区切り線

←2007年のNEWS・更新情報はこちら