「オーディオ・クリニック」を出前いたします!


現在、このサービスは休止中です。

「システムの音が思ったように鳴らない!」 そんな方にオススメのサービスです

Living Music では2時間を1ユニット(プラス交通費・実費)とした「出前オーディオ・クリニック」を実施しております。これは店長である生田榮が長い間、クラシックやミュージカルの指揮者として活動した生演奏経験とオーディオ経験を活かしたクリニックをお客様のオーディオルームに出張して行なうものです。

お客様の悩みを親身になってお聞きした上で、お客様が納得する音が出るまで、システムの調整をいたします。これまでのオーディオ誌に掲載される機器評価的内容はもちろん、多くの実演奏の経験を生かして「音」のみならず、「音楽性豊かに鳴らしたい」というお客様には、特にお勧めのサービスとなっております。

区切り線

オーディオクリニック担当 生田榮より

オーディオで聴く「良い音」とはどういうものでしょうか?

これは考えても答えは出ませんね、なぜなら音の好みは人の数だけあるからです。また「人の好み」というのも非常に安定していません。自分がこの音!と感じていても明日になればこれもわからない、というようなことが起こります。体調も問題ですね。突然1本の歯が痛んだだけでも決めていたはずの音への感覚は鈍ります。

それから音を形容して言葉に表すのも本当に難しいです。例えば<美しい音>と書いたところで、この「美しい」の中には実にさまざまな要素を人は同時に感じているわけです。

音を求めると言うのはなかなか簡単には行きません。そこで私は時々話すのですが、音や音楽性に対して「実演奏の音と音楽」という考え方はどうでしょうか?実際の演奏の生の楽器の音やそこから聞こえる合奏力のことで、机上の空論的な雰囲気だけのお話しではありません。

お客様からのご質問もありますので書かせていただきますが、私の音楽経験は幼少よりピアノを習い、音大指揮科を卒業してクラシック音楽の経験があり、劇団四季と東宝でミュージカル舞台演奏の経験(オーケストラ・ピットで指揮)が1千回近くあります。自分の中には、こうした経験によってできあがった生演奏での「物差し」がおそらくあります。言うまでもなくこの「物差し」は、独りよがりのものではなく、たくさんの音楽家仲間との意見交換や演奏経験で、積み上げてきたものです。ですから私がオーディオで音楽を試聴する場合も、この経験を役立てています。

どんなに磨きこまれたきれいな音がしても、それはそれで大変魅力的ではありますが、実際の生の楽器の音の質感と大きく違うものには抵抗があるわけです。これが私の音の選び方です。

気に入っていただけますか?

「そんなのではだめだ」という方には失礼いたしました、お耳よごしでした、ごめんなさい。押し売りをするつもりは毛頭ございません。こんな私の「物差し」をもし、あなたが気に入ってくださるのでしたら、どうぞご一報いただけますか?私の経験を元に、一生懸命オーディオ・チューニングをさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

区切り線

料金

ご自宅でのクリニックに要した実時間が、2時間までを1ユニットとします。その後は30分増すごとに追加料金を申し受けますが、いままで実施したケースのほとんどが、1ユニット内で解決しております。

出張可能地域

原則として、鉄道または車での移動にて、日帰り出来る地域に限定させていただきますが、遠隔地にお住まいのお客様で、どうしても出前クリニックして欲しいと要望されるお客様もお気軽にご相談ください。料金その他について、真摯に対応させていただきます。